栃ノ心の誤審で批判殺到?「蛇の目」に“跡”はなかった?を検証! 

 

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

 

f:id:omosirotamatebako:20190527102036p:plain

 

大相撲夏場所、13日目の取り組み<栃ノ心VS朝乃山>戦で優勝に直接影響する

「世紀の大誤審」があったと、物議をかもしております。

 

ここで問題になったのは、栃ノ心のお右足が“土俵を割っていたかどうか”だった!

 

すなわち、

 

右足の踵が「蛇の目」に着いたかどうか?跡があるかどうか?

 

なのです。

 

ここでは、審判部長の説明と「蛇の目」について迫ってみました!

 

さらにこの誤審で“一番損した力士”は誰かを推論してみました。

 

スポンサーリンク  

栃ノ心の負けた“誤審”とは?

5月24日に行われた大相撲夏場所13日目の関脇・栃ノ心ー前頭八枚目・朝乃山の

一番で、誤審があったのではないかと物議を醸しています。

 

行司は栃ノ心に軍配を上げたものの、審判団から物言いがついて判定が覆りました。

 

栃ノ心にとっては、大関復帰をかけた大きな一番だったが、この日の復帰はならな

かった。

 

一方、優勝争いをしている朝乃山にとっても負けられない一番だった。

 

立会いから朝乃山が攻め、栃ノ心は土俵際に追い詰められたが、そこですくい投げ。

 

逆転で勝利したかに見えた。

 

もし栃ノ心が勝ちなら、10勝目をあげて大関に復帰できる一番だった!

大関は2場所連続負け越しで関脇に陥落するが、直後の場所で10勝をあげれば大関に復帰できる)。

 

行司は栃ノ心に軍配を上げた。栃ノ心は小さくガッツポーズをしていた。

 

ところがすぐに物言いがついた <画像> NHKの中継では何度も同じ場面をリプレイ。

 

解説席の高砂親方(元大関朝潮)は

 

「(栃ノ心の足が土俵外に)ついてるかついてないか微妙、ちょっとわかりずらい。(土俵の外の蛇の目に)跡は残ってませんからね」

 

と発言していた。

 

その後何度もVTRを見るうちに高砂親方

 

「いや・・・・残っ・・・ているように見えますけど。テレビ(ビデオ)で見た感じではですね」 と自信なさげながらも「残っている」側で発言。

 

審判団の協議はかなり長引き、約6分間に及んだ(ビデオを見るのではなく、土俵上で話し合っていた)。

 

湊親方

 

「ビデオでは蛇の目とかかとの隙間は見えない。

目の前が正しい。放駒親方の目を重視した」

 

のです。

 

その後、阿武松審判長(元関脇益荒雄)が

 

「只今の協議について説明いたします。行司軍配は栃ノ心に上がりましたが、栃ノ心のかかとが出ており、行司差し違えで西方力士の勝ちと決定いたしました」

 

と説明。判定は覆った。

 

栃ノ心は取組後、判定に不満のようすで「出てないよ」と怒りの表情で話したという。

 

もちろん、我々がテレビで見る決まった角度からの30fps程度の映像と、審判団に

見えているものは違うとは思うが・・・・。

 

このシーンを巡っては、ネット上にいろいろな画像が拡散している。

 

以下のような画像も拡散していて、これを見た人は「残っている」と思っても

仕方ない。

 

f:id:omosirotamatebako:20190527102036p:plain

スポンサーリンク   【大相撲/画像】栃ノ心、誤審で朝乃山に敗れる?踵が出ていなかったのではと物議。行司差し違え「ビデオ判定を」の声も

「蛇の目」とは?

f:id:omosirotamatebako:20190527102607p:plain

 

力士が競技する場を「土俵」と言いますが、その土俵は厳格な決まりに基づいて作られます。

 

その決まりを規定しているのが「土俵規定」です。

 

🔸 土俵の大きさ:土俵は高さが34~ 60センチ、 1辺が670センチメートルの正方形に

  土を盛り、中に直径4.55メートルの円を小俵で作ることになっています。

 

🔸徳俵だけ外側にずれている理由:内俵の幅の分だけ外側にずらしてあるので、力士に

  とつてはその分だけ「トク」をします。

  それが「徳俵」の由来だと言われています。

 

🔸勝負俵の外側にある「蛇の日」とは:勝負俵の外側に25センチほどの幅で砂を厚めに

  敷いてありますが、この部分を「蛇の目」あるいは「蛇の目の砂」と言います。

   これは踏み越し、踏み切り等を判明しやすくするためです。

 

  土俵際の判定が微妙なとき、蛇の目を確認することがあります。

  力士の足が土俵に出ていれば、砂にその足跡があるからです。

  蛇の目の砂を敷くのは本場所の土俵だけであり、稽古場の土俵には敷きません。

 

   まさに、“誤審”を避けるために作られたのが“蛇の目”なのですね!

 

 

スポンサーリンク  

栃ノ心誤審で損した力士は「鶴竜関」か??

一方!栃ノ心の右踵は出ているとの意見もあることも確かなのです。

 

ここで、この誤審と言われている“審判裁定”がなかったとしたら、相撲の優勝はかなり

異なっていたのも事実なのです。

 

夏場所が終わって結果からみてみると、

 

鶴竜関、栃ノ心関、朝乃山関が10勝4敗で並び千秋楽の優勝決選

 

が見られたのです。

 

とすると、3力士の中では、鶴竜が一番優勝の可能性があったことになります。

 

すなわち“栃ノ心誤審で一番損をした力士”は、「鶴竜関」ということになりますよね!

 

 

 

スポンサーリンク  

ネットの皆さんは?

🔸 「栃ノ心かわいそうに、、どんだけ見ても踵残ってるよ」 「とんでもない誤審!」 「大相撲もビデオ判定すれば良いのに!」

🔸 大相撲 栃ノ心は勝ってた!これは明らかな「誤審」だ。誤審でないなら、外国人

  差別である。

  俺はchina人半島人除けに旭日旗を愛用する、外国人嫌い人間だが、この差別に

  は、胸が悪くなる。相撲協会は腐っている!!

まとめ

いかがでしたか?

 

審判長(阿武松審判長(元関脇益荒雄))の裁定は、疑問だらけで、今後に課題を

残し、 相撲の信頼を損ねてしまいました。

 

関係者で議論を市、ファンに納得のいく処置(ビデオ重視)が求められます。

 

関連記事は以下にもあります。

 

⇒朝乃山関優勝!Wiki経歴と四股名がスゴイと評判!彼女・結婚・年収は? の記事はコチラ  

 

⇒朝乃山初優勝!「実感がない?」「笑顔がない?」の意味を検証?の記事はコチラ

 

 

スポンサーリンク