渋沢栄一氏のWiki経歴と人物像をチェック! 人物像が有名だ!

 

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

 

       f:id:omosirotamatebako:20190409104652p:plain

政府は新しい1万円札、5千円札、千円札を2024年から流通させる方針を固めた。

 

政府関係者によると、肖像は1万円札が現在の福沢諭吉から、日本の資本主義発展に

貢献した渋沢栄一(写真)に刷新される。

 

刷新は2004年以来になります。

 

千円札の図柄は北里柴三郎、5千円札は津田梅子、1万円札は渋沢栄一になるのです。

9日に発表する。「平成」から「令和」への改元機運を盛り上げる。

 

自動販売機などの関連需要が生まれるため、景気刺激の効果もありそうだ。

 

ここでは、渋沢栄一氏のWiki経歴と人物像に迫ってみました。

 

スポンサーリンク  

渋沢栄一wiki風プロフ

    f:id:omosirotamatebako:20190409104817p:plain

◆ 名前:渋沢栄一(しぶさわえいいち)

◆ 生年月日:1980年3月16日(91歳没-1931年)

◆ 出身地:埼玉県深谷市血洗島

◆ 職業:幕臣、官僚、実業家、教育者

 

渋沢栄一氏の経歴

    f:id:omosirotamatebako:20190409105736p:plain

・江戸時代の武士、官僚、実業家。第一国立銀行東京証券取引所一橋大学

 東京経済大学などといった多種多様な企業、学校の設立・経営に関わり、

「日本資本主義の父」ともいわれるのです。

 

・母・エイの長男として生まれた。幼名は栄二郎[2]。のちに、栄一郎、篤太夫

 篤太郎を名乗る。渋沢成一郎は従兄にあたる。

 

・渋沢家は藍玉の製造販売と養蚕を兼営し米、麦、野菜の生産も手がける豪農 だった。

 原料の買い入れと販売を担うため、一般的な農家と異なり、常に算盤をはじく

 商業的な才覚が求められた。

 

・一方で5歳の頃より父から読書を授けられ、7歳の時には従兄の尾高惇忠の許に

 通い、四書五経や『日本外史』を学ぶ。

 

・19歳の時(1858年)には惇忠の妹・尾高千代と結婚、名を栄一郎と改めるが、

 文久元年(1861年)に江戸に出て海保漁村の門下生となる。

 

・京都に出るが、八月十八日の政変文久3年(1863年))直後であったため、

 勤皇派が凋落した京都での志士活動に行き詰まり、江戸遊学の折より交際一橋家

 家臣・平岡円四郎の推挙により一橋慶喜に仕えることになる。

 仕官中は一橋家領内を巡回し、農兵の募集に携わる。

 

・主君の慶喜が将軍となった(慶応2年(1866年)12月5日-慶応3年(1867年)

 12月9日)のに伴い幕臣となり、パリで行われる万国博覧会(1867年)に将軍の

 名代として出席する慶喜の異母弟・徳川昭武(後の水戸徳川家11代当主)の随員

 として御勘定格陸軍付調役の肩書を得て、フランスへと渡航する。

 

・フランス滞在中に、御勘定格陸軍付調役から外国奉行支配調役となり、その後

 開成所奉行支配調役に転じている。

 

・帰国後は静岡に謹慎していた慶喜と面会し、静岡藩より出仕することを命ぜられる

 も、慶喜より「これからはお前の道を行きなさい」との言葉を拝受した。

 その後、フランスで学んだ株式会社制度を実践することや、新政府からの拝借金返済

 のために、明治2年(1869年)1月に静岡で商法会所を設立した。  

 ところが大隈重信に説得され、10月には大蔵省に入省することとなる。

 

・大蔵官僚としては民部省改正掛(当時、民部省と大蔵省は事実上統合されていた)を

 率いて改革案の企画立案を行ったり、度量衡の制定や国立銀行条例制定に携わった。

 しかし、予算編成を巡って、大久保利通大隈重信と対立し、明治6年1873年)に

 井上馨と共に退官した。明治8年(1875年)、商法講習所を設立する。

 

・退官後間もなく、官僚時代に設立を指導していた第一国立銀行(第一銀行、第一勧業

 銀行を経て、現:みずほ銀行)の頭取に就任し、以後は実業界に身を置く。

 また、第一国立銀行だけでなく、七十七国立銀行など多くの地方銀行設立を

 指導した。

 

第一国立銀行ほか、東京瓦斯東京海上火災保険王子製紙(現王子製紙

 日本製紙)、田園都市(現東京急行電鉄)、秩父セメント(現太平洋セメント)、

 帝国ホテル、秩父鉄道京阪電気鉄道東京証券取引所キリンビール、サッポロ

 ビール、東洋紡績、大日本製糖、明治製糖、澁澤倉庫など、多種多様の企業の設立に

 関わり、その数は500以上といわれている。

 1887年ころには、渋沢を慕う経営者や管理職が集まる龍門社が組織され、

 昭和初期には数千名の会員を数えた

 

・渋沢が三井高福・岩崎弥太郎安田善次郎・住友友純・古河市兵衛大倉喜八郎

 浅野総一郎などといった他の明治の財閥創始者と大きく異なる点は、

渋沢財閥」を作らなかったことにある。

「私利を追わず公益を図る」との考えを、生涯に亘って貫き通し、後継者の敬三にも

 これを固く戒めた。            

                          (出典:ウイキペディア)

 

スポンサーリンク  

渋沢栄一氏の人物像が崇高だ!

渋沢が三井高福・岩崎弥太郎安田善次郎・住友友純・古河市兵衛大倉喜八郎

浅野総一郎などといった他の明治の財閥創始者と大きく異なる点は、渋沢財閥

作らなかったことにあるのです。

 

「私利を追わず公益を図る」との考えを、生涯に亘って貫き通し、後継者の敬三にも

これを固く戒めたのでした。

 

渋沢栄一氏の「社会活動」有名です。 渋沢は実業界の中でも最も社会活動に熱心で、

東京市からの要請で養育院の院長を務めたほか、東京慈恵会日本赤十字社、癩予防協会の設立などに携わり

 

・財団法人聖路加国際病院初代理事長、

・財団法人滝乃川学園初代理事長、

・YMCA環太平洋連絡会議の日本側議長などもした。

 

日露戦争開戦の前年にあたる明治36年1903年)、対印貿易の重要性を認識していた

渋沢は、大隈重信らとともに「日印協会の設立」に携わり、第3代会長をつとめた。

 

関東大震災後の復興」のためには、大震災善後会副会長となり寄付金集めなどに

奔走した。

 

渋沢は「教育にも力を入れ」森有礼と共に商法講習所(現一橋大学)、大倉喜八郎

大倉商業学校(現東京経済大学)の設立に協力したほか、二松學舍(現二松學舍大学

の第3代舎長に就任した。

 

学校法人国士舘創立者・柴田徳次郎)の設立・経営に携わり、井上馨に乞われ

同志社大学創立者新島襄)への寄付金の取り纏めに関わった。

 

また、男尊女卑の影響が残っていた「女子の教育の必要性」を考え、伊藤博文勝海舟

らと共に女子教育奨励会を設立、日本女子大学校・東京女学館の設立に携わった。

 

また「日本国際児童親善会を設立」し、アメリカの人形(青い目の人形)と日本人形(市松人形)を交換するなどして、交流を深めることに尽力している。

 

1931年には中国で起こった水害のために、「中華民国水災同情会会長」を務め義援金

募るなどし、「民間外交の先駆者」としての側面もある。

 

なお渋沢は1926年と1927年のノーベル平和賞の候補にもなっている。

                         (出典:ウイキペディア)

まとめ

いかがでしたか?

 

明治の初めの活動の素晴らしさが伝わってきますね!

 

「他の明治の財閥創始者と大きく異なる点は、「渋沢財閥」を作らなかったことにあるのです。」

 

の言葉に感動しました!

 

「私利を追わず公益を図る」との考えを、生涯に亘って貫き通し、後継者の敬三にも

これを固く戒めたのでした。

 

ことにも大変感動しました。

 

現代でも立派に通じる“渋沢哲学”ですね!

お札を見るたびに思い出したくなるお考えです!

 

関連記事は以下にもあります。

 

⇒津田梅子氏のWiki経歴と画像は? 朝ドラ「あさが来た」の主人公だったの?の記事はコチラ

 

⇒北里柴三郎氏のWiki経歴と功績は?ノーベル賞をもらえなかったわけを検証!の記事はコチラ

 

最後までお読みいただきありがとうございます。</津田梅子氏のWiki経歴と画像は? 朝ドラ「あさが来た」の主人公だったの?p>

 

スポンサーリンク